02799
株式会社ピューマ主催・バッテリー再生関連情報掲示板

本掲示板は何方でもご観覧頂けます。

投稿は許可された方のみとなります。
(投稿には投稿パスワードが必要です)

本掲示板は、バッテリー再生に関係する情報交換サイトです。
再生インプレッション・バッテリーやバッテリー再生機器売買等、
関連情報の投稿をお願いします。

上記以外の情報投稿も構いませんが、あまり的を外した投稿は行わないでください。
企業様からの情報投稿も受け付けますが、度を過ぎた宣伝・広告はお断わりいたします。

投稿禁止事項
公序良俗に反する内容の投稿
個人・個別製品等に対する過度な誹謗・中傷等の投稿
本掲示板管理人が不適切と思われる内容は、本人の許可なく削除します。

注意事項
本掲示板での商談・売買におけるトラブルは自己責任で処理していただきます。
トラブルに対して、弊社【潟sューマ】ならびに本掲示板管理人は一切の責任を負いません。

投稿ご希望の方は
当ページの【管理者へ連絡】からお申し込みください。

[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[186] バッテリー交換費用とWonder-s/R Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/24(木) 09:13 [ 返信 ]
夜な夜な頑張っていると電気料金に角が出ている方の愛車が車検時期
今回は予定している交換パーツが多くて出費も大
少しずつはセルフメンテナンスでもやりましょうか、と。

セルは快調に回るけど、なんか力不足を感じるバッテリー
11年12月交換品

ライト点灯せず市街地走行後の翌朝に計測しました。
200CCA 12.4V 14.66mΩ
かなり弱っています。

早速、届いたWonder-s/Rを取り付ける事にしました。
固定場所はバッテリー液の確認を邪魔しないサイドに
両面テープは長手方向上部に一枚プラス。
端子は金メッキ6ミリ用R端子、SAS丸ワッシャ2枚付き
バッテリーターミナルのボルトに余裕がありましたので
ナットを増し締めして追加でSASの6ミリ薄ナットでサンドしました。
プラス側は仮止めから端子取り付け方向は変更。

あまりパワーとかオーディオでの効果は考えず
ただバッテリー回復だけを願います。

高速道は約800キロ、市街地は約50キロの走行後
翌朝の数値は
215CCA 12.37V 13.67mΩ
内部抵抗値は少なくなっています。
電圧はWonder-s/R装着状態の計測の為、0.05V〜0.1V程度は低い表示
CCA回復は、まだまだですが
始動時と発進直後の感じは良いですね。

さて車検時までに、どうなるかは長期インプレで!

◎JAFネタ・・・・先日の事。遠方の方がS46B24Rが欲しいと?
        再生職人で仕上げた一個を送りました。
        その後どうしたか気になって聞きました。
        交換は大変だったかと、本人曰くJAFに頼んで交換したので無料!
        隊員が中古バッテリーを調べながら怪訝な表情するも
        無事に交換してくれたそうです。

        やはり交換前はバッテリーテスターで計測するのですかね?

         ※一応は470CCAでRCも十分な純正中古ですよ(^^)



[195] RE:バッテリー交換費用とWonder-s/R Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/11(月) 07:29
ワンダー装着して26日です。
走行距離はそれほど増えていません。

Wonder-s/R 装着 26日目

走行距離1550KM

高速道 1050KM
市街地  500KM

200CCA→220CCA 12.54V 12.56mΩ

少しづつですが回復に向かっているようです。



[207] RE:バッテリー交換費用とWonder-s/R Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/11/03(金) 09:29
Wonder-s/R 装着 66日目

走行距離 4000KM

高速道  1950KM
市街地  2050KM

早めの冬シーズン到来?
取り外して単体計測
215CCA 12.67V 13.87mΩ
全体的には、、まあ、まあ かと

そこで一般的な充電器で補充電を
今回は大自工業製

結果
230CCA 12.69 12.98mΩ
25A放電時間は28分
週2〜3回は走行すれば問題ないレベルですね。



[209] 新品バッテリーとWonder-s/R Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/11/10(金) 12:41
今年の冬は遠出で雪路走行が増える?らしいので

記事:193

※4日後の数値は 460CCA 12.78V でした。

で、充電放置60数日後のGS/ユアサ M-42を装着しました。

装着後7日目
夜間走行して翌日10時頃の数値
460CCA 12.72V 6.49mΩ

Wonder-s/R装着しての数値
(今回もバッテリーサイドに固定)

470CCA 12.66V 6.37mΩ

保持電圧が下がったのは解る気がするが
この状態が理解不能?

バッテリー交換より車両入れ替えが先のように
思いますが長期インプレやりましょう(^^)



[208] 液式だよ!全機、集合 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/11/03(金) 10:04 [ 返信 ]
ここ暫く仕事でバッテリーを弄る時間が無く
ストレスを発散できず

そこで名人に打診?お願い

バッテリーが欲しい〜〜〜と。

届きました12個の液式色々

今回はプラン無し、思いつくままでの再生です。
F23V〜〜〜〜onlyoneまで総てを酷使しましょう(^^)

取敢えずランダムで抽出した44B19 55B24は
何故か一発で定格クリアー

それが罠でしたね

W〜〜〜ん宿題用のカオスが手強いです。



[2] レィKさんからのオプティマ インプレ  Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 Date:2016/04/15(金) 08:49 [ 返信 ]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
414 熊本地震で被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ピューマ主催・バッテリー再生関連情報掲示板」開設しましたね。
皆さま こんにちは。
よろしくお願い致します。
バッテリー再生の成功、失敗に一喜一憂し耐久レースのように
夜な夜な頑張る再生職人愛用者です。

先日、お世話になっているバッテリー再生名人から

「オプティマレッドトップが一個入りました。
テスター反応無しなので6V以下になっております。
直列で24vにして充電しようかと思いましたが、面倒なのでやめときました。
いかがでしょう?」

勿論、頂きました(笑

う〜ん今回は長期戦覚悟で挑んでみましょう
到着時、普及品CCAテスター無反応、、マルチテスターで0.64Vでした。
どの機種から始めるか考察中

取敢えずF620、、、、、電圧非表示
F620+バイク用充電器で4.48V
駄目ですね、これでは時間が〜〜〜〜〜〜〜
そこで、補助要員交代
これで単体で10V〜〜に入りましたら希望の灯り、、、
電圧が上がればドラバー交代・・・・・・・あくまでも希望的計画

目標値(希望的な)  12.2V 450CCA と、大口を!!



【レィKさんからのオプティマ インプレ  Rp:02】

に続く



[3] RE:レィKさんからのオプティマ インプレ  Rp:01 Name:ゴン MAIL HOME Date:2016/04/15(金) 10:40
熊本地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。
***********************************
Nur-Gの用務員 様 投稿第一号誠に有難うございます。今後のご投稿に期待します。
宜しくお願いいたします。


[4] RE:レィKさんからのオプティマ インプレ  Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 Date:2016/04/15(金) 18:05
そうでした。
管理人様にご挨拶しないとね。
ゴンさん、こんばんは。

なんの役にもならないインプレですがよろしくお願い致します。


[5] 【レィKさんからのオプティマ インプレ  Rp:02】 Name:Nur-Gの用務員 Date:2016/04/16(土) 21:38
長期戦覚悟なのでPRC-F620-Proに、お任せで良いのでしょうが
流石に7日で完了するかどうか

補助を代えることに
F620の2CH+18Ah劣化バッテリー(残容量、約50%)→オプティマへジャンプ

暫くするとF620,1CH/2CH 電圧が12.3V/12.4V
11.0V/11.7Vまでは電圧急降下そこから数時間後10.3V/10.3Vで落ち着く?
まだ電池電圧は10Vには達しません。

このまま1CHと2CHで再生充電開始
10.3Vからジンワリと上昇していますからノンビリ待ちましょうね(笑


休憩一服タイム

このインプレでの再生は商品価値の有るなしは別にして
営業的には利益は見込めません。
時間と電気代が掛かりすぎ(再生NG候補バッテリーです)

そして、ピューマさんのバッテリー再生読本(取説、HP内アドバイス等)を
手本としながら反逆しています。

グラス片手でご覧になってください。
但しビール等を噴出しても一切の責任は負いません(。。)


電圧が低い値で安定してからも2CHからの補助を続ける理由は?

どちらが電圧レースから抜け出すか競争させているだけです

ただ、それだけ  それでは、、ヨーイ どん。。。。



結果は

【レィKさんからのオプティマ インプレ  Rp:03】

に続く



[6] 【レィKさんからのオプティマ インプレ  Rp:03】 Name:Nur-Gの用務員 Date:2016/04/18(月) 18:16
電気代が掛かりすぎると、角を出す方がいますから
     簡易電力積算メーターも常備

そろそろ残りの周回数が無くなってきました
ゴールは705予定ですが2010の出番もありそうです。



PRC-F620-Proに接続して翌日(24時間後)
デジメーターが11.1Vを表示
電池電圧は9.8V

お友達との集まりが遠出となり
F620で再び2個のバッテリーは充電継続(ジャンパー無し)

40時間経過してのデジメーター
オプティマは12.8V
補助に使用した18Ahバッテリーは13.8V
オプティマのバッテリー電圧12.5V

再充電6時間ほど経ちましたが数値に変化なし
18Ahバッテリーは限度なので取り外し




オプティマも少し放置して現状の数値を計ってみましょう。
・・レィKさんからは3日は放置しろ、言われそう・・・・

さて大口予想に応えられるか


【レィKさんからのオプティマ インプレ  Rp:04】

に続く



[7] 【レィKさんからのオプティマ インプレ  Rp:04】 Name:Nur-Gの用務員 Date:2016/04/19(火) 21:20
・・・・見かけは、なんと12.37V 726CCA に・・・・


暫くPRC-F620-Proのデジメーターを監視しましたが変化なし
1CHに2CHを接続して増量、、、変化なし

仕方ありませんね、PRH-705-Proでも厳しそうですが
やるしかないです。
余力を残し充電流2.7Aで24時間、、、、13.0Vが限界のようです。

【教本】の充電電圧値13.2Vを超えられないのか!

ここで数値を調べる事に


☆彡 数値/CCAテスターで  12.37V 726CCA ☆彡
    見かけですよ、見かけ!


では5時間率放電は如何に

1時間21分× 放電後電圧は 11V〇 「う〜ん、どうしましょうか」

放充電カウンターの残り数は有りそうだけど、0.64Vまで過放電させてた期間が
長かったのでしょうか?

705では良いか悪いかケースが温かくなります。
F620で13.2Vを超えられるか実験継続

前回そこそこ状態の良いオプティマ(50Ah)では約40Hで14.0Vに入りましたが
このテストピースは無理そう。

3日だけ、頑張ってもらいましょう! 3日?どこかで聞いたような
電圧上がってCCA下がれば♪◎

これで駄目だったら 2010でカンフル充電 + Aレンジ 放電10A 充電5A


本日まで6日間を費やしました、、、、、、

最終結果報告予定4月24日



【レィKさんからのオプティマ インプレ  Rp:05】

に続く



[8] 【レィKさんからのオプティマ インプレ  Final】 Name:Nur-Gの用務員 Date:2016/04/25(月) 13:06
・・・・これは車載での使用は駄目ですね・・・・


PRC-F620-Pro/2CHの充電3日で諦められずに4日
12.5Vまでしか上がりませんでした。

そうとう傷んでいるのでチャージ電流が足りない?

計ってみました。
最近よく目にするスパイラルバッテリー対応の手軽なCCAテスターで
判定は厳しい感じがしますが数値は?

       ここでのインプレ専用に決定!

     12.23V 645CCA 4.63mΩ

        5時間率放電は1時間10分
         放電後の電圧は11.5V

705も応援した前回に比べて時間が少なかったからか
放電時間は減りましたが
放電後のバッテリーの状態は良くなっています。
11.5Vはハナマル◎ですよね(^^/^^^^^

次回作の予定もあるし、角がかなり伸びてきているので

放電後の充電を
2010/5Aで10時間+2時間  最大充電電圧は13.6Vでした。
ではオプティマ充電にY教授が推薦する505/705で
詰め込んでみましょう。
705で(開始電圧11.8Vで約10時間経過で12.6V)
24時間、、、、、12.6V(ガクっ

では0.64Vから10日ほど頑張ったレィKさんからのオプティマNo.1は

見にくい画像で○か×をあげてください!

詳しくは解かりませんが自動車の充電システムの制御電圧には
対応できませんが備蓄電源用に使えるかも?


以上、結果報告でした

*2.5Aでの放電時間は5時間48分でした*

次回作品は

【レィKさんからのオデッセイ インプレ  Rp:01】
の予定



[45] :レィKさんからのオプティマ RT R-3.7 インプレ  Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2016/10/29(土) 11:34
木枯らし一号が襲来らしい です
 私の小遣いは何時も木枯らし吹いています!

お世話になっている再生名人からテストピースが届きました。
 オプティマ製品箱プラス特製の梱包

グッドタイミング  嬉しいです。

忙しい名人が2LAPしたようですから修行中の私は3倍の6LAP

記事 No:38 に 似ています、、、意地悪か?

先ずは PRA-R060 で 0.2V位降下の修復放電させてから 

 挑戦 (^^)

余談----- 名人の元に来た時は 8 CCA 6.2V と。

?この値が計測出来るテスターを装備しているのですね。



[46] レィKさんからのオプティマ RT R-3.7 インプレ  Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2016/10/31(月) 13:07
PRA-R060でパルスのみ加えて2日デジメーターだけの消費電力では0.1V位の降下でした。

F620で御機嫌伺い・・・・充電電圧あがらない。

1 LAP/705 2.5A オートモード  
2 LAP/705 3.0A オートモード

110CCA〜120CCA
12.3V〜12.4V 駄目ですね。

かなり劣化している筈なのに冷たい状態?

3 LAP 2010 (小)レンジ
 充電電圧の上りが見られない。
 (中)に切り替え
 充電終了、、、、、まだ冷たい?

4 LAP 2010 Bモード 充電(大) 10A放電

 少し温まってきました。

 充電終了  220CCA 12.5V

これは 名人の3倍 6LAPでは無理そう今回も長期戦ですね(^^)

次のプラン構想中、、、、3030の出番です!


[47] レィKさんからのオプティマ RT R-3.7 インプレ  Rp:03 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2016/11/01(火) 17:25
3030で両刃の剣を試すことに

熱で壊れるか復活の光が見えるか

  Y教授の教えを守れる、いえ守れません?


5 LAP それほど容量は無いはずですから

3030 Bモード 放電電流 25A 充電電流 20A(ピーク時)

  充電は完了、、、かなり暖まりました

  320CCA 13.0V


6 LAP クールダウンもさせず

3030 Aモード 放電電流 15A 充電電流 15A

少し温まったまま充電完了

  555CCA 13.0V超え!

  さて 7 LAP はどうしましょうか。



[48] レィKさんからのオプティマ RT R-3.7 インプレ  Rp:04 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2016/11/02(水) 12:26
そろそろゴールが近づいてきました

7 LAP は 2010に決定、ラストは705が良いでしょう

  設定値は705では無理な値で

 2012 Bモード 放電電流 7.5A 充電電流 7.5A(ピーク時)

  温まらずに完了

  CCA値は 470 内部抵抗値も増えましたけど
  電圧は良いですね。

  UPS電池の初期性能に似ていますね?

 8 LAP 705で放充電して、再生具合を見てみましょう、、、



[50] レィKさんからのオプティマ RT R-3.7 インプレ final Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2016/11/04(金) 12:50
8 LAP

705の予定を Y教授が一押しの名機 505に変更

5Aパルス放電後2.5Aで充電しました。

6時間経過しても放電が終了しない?
そのままにして早朝からパルス充電開始
昼には温度上昇もなく完了➡ハイパー充電

620CCA 電圧、内部抵抗値も良いですね。

25A放電時間を試しました。1H26m

前回のRT R-3.7には負けますが、まだ数値が上がりそうですね(^^)

後はF620に接続して詰め込んでおきましょう。



[104] レィKさんからのオプティマ ロードスター用 Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/02/20(月) 09:29
   名人から届いた宿題のイエローです。

 55CCA 電圧も0.5Vは低い数値

 705で下調べ、、、19.0V超え
 1A以下の放電も瞬時終了

 さて、どうしましょうか?
 P-060+LEDライトで廊下の照明兼用でのパルス放電しましょうか、、、

 F320/Vの3CHの空きなし

 それでは続けて705で試しましょう



[110] レィKさんからのオプティマ ロードスター用 Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/02/26(日) 14:03
その後はLEDライトで廊下の照明兼用でのパルス放電中

 まだまだ元気です。

空になるまで廊下を灯してもらいましょう


[118] レィKさんからのオプティマ ロードスター用 Rp:03 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/03/09(木) 09:29
その後3回も少しだけ溜まる充電とLEDランプ放電を
 
 10V以下の状態でもF320/Vの設定値に
 あ!との間に到達

 ここは以前LB680で、まあまあの数値が出た
   おしん(古ッ)作戦で挑戦

0.1A〜1.0Aの範囲で放充電の繰り返しを

流石3030.2010は調整が面倒だし電気代も多少増加

Y教授 一押しの705/505で行きます。

その電流値でも1LAPは2〜3時間
出かけるときはオートモード

すでに3日は来てるかと、まだまだダメです (^^)


[120] レィKさんからのオプティマ ロードスター用 Rp:04 Name:Nur-Gの用務員 Date:2017/03/14(火) 08:28
705での、おしん作戦で数十回
やっと 放充電の電流値1Aで少し時間が伸びてきましたので

 ガツン作戦に期待して3030に接続

充電電流値1.7A 放電電流値 1.5A
Aモードで、おしん作戦を開始

充電は3Aまで上がりましたが放電は2Aがピーク
数回繰り返して20Aの充電を試しましたらイコライザー状態!
お!成功かと喜んだのですが5分も立たず4A以下まで降下。

再び、おしん作戦を継続、、、、、、、


[121] レィKさんからのオプティマ ロードスター用 Rp:05 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/03/14(火) 20:09
数回の放充電で1.5A,,3.0Aと連続で、やっていたら
  放電の電圧値が降下しません?
  では5A上げましたOKです。

  良い手ごたえですね。
  それでは20A充電は、どうかな?
  なんと連続して出力しています、、、でもイコライザー状態にはなりません。

それでもバッテリーは多少は温まってきました。

 計測値 160CCA・・・・・・頑張れ、です。



[128] レィKさんからのオプティマ イエロートップ925 Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/03/29(水) 22:25
久し振りにダンマリ決め込んだオプティマです(^ ^)

到着時の数値
CCAテスター計測不可
     マルチテスターで2.9V


今回も補助を加えさせましょう
F620+18Ah劣化バッテリー(残容量、約50%)→925へジャンプ



スタート時で12.6V
徐々に電圧が下がっています現在で10.9V
朝にデジメーターの値が上がりバッテリー電圧も上がっていたら
楽なんですけど、、、、、どうでしょうか?


[129] レィKさんからのオプティマ イエロー925+YT2.7 Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/03/31(金) 09:09
朝に覗いたら電圧が下がったまま6V位

18Ahバッテリーは空
そこでMF40B19(満タン仕上げ品)に交代

夕方みました、、、また空ですね。

くそ〜〜、ですね(^^)

それならと名人から届いた電圧は出ているが
ダメそうな

YT 2.7 到着時
55CCA 12.48V 50.50mΩ をパラで接続!

F320/Vで11.7Vでスタート

今朝、覗きましたが6Vを下回りそう??

これは充電電流上げる事に

またバッテリーを追加して505が稼働できる電圧まで
上げました・・・・一瞬なのでノンビリできませんが

505 11.7V→8.6Vでスタート(電流値2.7A)
15分ほどで9.3V

さてさて、どうなるのでしょうか。。



[130] レィKさんからのオプティマ イエロー925+YT2.7 Rp:03 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/04/01(土) 08:02
505で充電開始して10時間まだ10.6Vです。
  925は温まっていますけど

再起動を試みましたが駄目!8.7Vでした。

それなら空いている3030に切り替え

3030は立ち上がりました (^^)
ジャンプコードは改造品なので太さ不明
2.0sqだと思いますが1.25sqだと焼損しそうで
充電電流は10Aまで徐々に上げました。

充電完了後 Bモード 放電電流6A
充電完了近くですが925だけ熱くなりそうなので
取り外し、2.7は3030で続行

925はF320/Vでクールダウン兼ねての接続

12.2Vですね、これで上がるか下がるか
11V近くまで下がるようでしたら3030か2010で
やりましょう。

S55D23LもF320/Vに切り替えています・・・14.7V⇔14.8V



[131] レィKさんからのオプティマ イエロー925+YT2.7 final Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/04/09(日) 16:36
一週間ほど頑張りましたが

 925 265CCA

YT2.7 120CCA

残念ですが素材としての再生に〜〜〜〜


[134] レィKさんからのオプティマ RT-S4.2 Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/04/29(土) 22:09
 GWも遊びにいけないとコボシテいたら
名人が手付けずのレッドを送ってくれました。

更にプレゼントまで、感謝しています(^^)

 ラベルの文字が一部、消えていますが
定格 815CCA 50Ah

到着時 130CCA 11.6V 21.14mΩ

705で十分に充電開始できますから2.5Aでスタート!



[135] レィKさんからのオプティマ RT-S4.2 Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/04/30(日) 20:40
705に接続して24時間で充電未完了
バッテリーも多少あつくなっています。

スタート直後 16.0V その後 14.0Vまで降下

14.5V⇔14.7V

ここで数値計測

450CCA 13.43V 6.10mΩ

頑張れば定格値80%には持って行けそうです。

705 放充電オートモードで再開
 放電流値は4.8A



[136] レィKさんからのオプティマ RT-S4.2 final Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/05/15(月) 15:55
GWも有りダラダラしながら705で〜〜数LAP

ヤハリ24時間では完了できず14.5Vどまり
温度上昇の症状は変わらず。

470CCA
13.37V
6.33mΩ

25A放電時間は70分


オマケ::それではオプティマでの上限10A超では

3030 (B)モード 充電15A 放電 5A
温度上昇も無く完了

数値も2割ほど増加

これで良いかどうかは?????



[141] レィKさんからのオプティマ B24タイプ Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/05/24(水) 23:36
D-comとカオスBlueはF320/Vに任せて

今夜からは日本向け仕様の小型オプティマを

名人からの伝言「再生数値が足りない!」だけです。

では到着時の数値

355CCA 12.84V 7.67mΩ

時計を見ながら705オートモードでスタート
充電値1.9A 放電は4.4A

充電に切り替わるまで約6時間でした。
容量70パーセントですね。

温度上昇が出ないと良いですね(^^)



[142] レィKさんからのオプティマ B24タイプ Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/05/26(金) 08:07
 705で10数時間16.6Vで足踏み状態
    怪しい雰囲気です
 その後16.2Vまで降下・・・ここで中断
  発熱しています。

 F320に接続して14.2Vでの数値計測
 CCA値に変化はナシ

 さて、どうしましょう。


[154] レィKさんからのオプティマ B24タイプ Rp:03(final)?? Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/09(金) 08:43
F320/Vに接続して約10日 まだ14.5V⇔14.6V
CCA値に変化は無し

 ここで705に切り替え1/20=1.6Aでパルス充電
 発熱症状も収まりハイパーも完了

 360CCA 13.16V 7.60mΩ
 25A放電時間 1時間08分

 こちらのイエロートップの内部抵抗値は非公開?

 JISの性能ランク換算はカタログ値→60B24

 インプレのイエローは53B24?(53はJIS規格に無いですが)

  90点と、しましょう。

  ラストも705で(^^/~~~~~~~



[205] レィKさんからのオプティマ イエロートップ D34/78 Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/23(土) 16:52
久しぶりに名人からプレゼントが

 忙しくて全く触っていない状態です。

 YT U4.2L

 CCAテスター計測不可 約5Vです。

 F23Vはただ今 一個 テスト中

 今回はF320/Vで、やってみましょう。

 電圧値設定 MAX(15.5V)
あれまぁ、14.2Vまで上がりますね。

  暫くして13.0Vに下がりましたのでMin(14.4V)

     デジメーターは11.7V

ご機嫌を伺いながら作戦を練ります。

  ガツン作戦はonl yone で行きましょう。



[206] レィKさんからのオプティマ イエロートップ D34/78 Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/10/28(土) 08:21
 暫くF320/Vで充電放置しましたが13.5Vから
上昇してくれません。

3030でガツンと、やってみました。
ガス臭と全体的に発熱

ここで計測、、、、やっと50CCAです。

F23Vが空いたので接続
フルパワーで16.6Vを示しています。

これは駄目ポィですが電圧値を変化させながら
今も挑戦中!



[169] 次世代電池、指向のPRC-F23V プロトタイプ Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/07/29(土) 10:31 [ 返信 ]
1チャンネル 充電レベル可変仕様

F320/Vの1チャンネルモデルなのか?
(と思っていましたが別物でした。インプレ追記、訂正あり)

//////////////////////////////////////////////

バッテリー再生の成功、失敗に一喜一憂し耐久レースのように
夜な夜な頑張る再生職人Fan Clubの一人です。(未公認)

  
         Y教授のお言葉

 座右の銘 「人生色々、バッテリーも色々」 です。

       それなりに、整えるが一番の近道かと


バッテリー再生の成功、失敗に一喜一憂し耐久レースのように
夜な夜な頑張る再生職人Fan Clubの一人です。(いまだに未公認)


このインプレでの再生は商品価値の有るなしは置いて
営業的には利益は見込めません。
電気代が通常より若干掛かり、時間日数はカナリ掛かります

(再生NG候補からのバッテリー復活実験)

そして、ピューマさんのバッテリー再生読本(取説、HP内アドバイス等)を
手本としながら反逆しています。

        
      Y教授のお言葉

      「人生色々、バッテリーも色々」 です。

それなりに、整えるが一番の近道かと



グラス片手でご覧になってください。
但しビール等を噴出しても一切の責任は負いません(。。)


////////////////////////////////////////////////


バッテリー再生探求に、モヤモヤしてたら
Y教授が「これで、どうだ〜〜〜」と。。。

凄いのが出来上がりました。
ウルトラのオンリーワン仕様、、、、、凄いです
こちらのインプレは追々です?(^ ^)

さて今回は一緒に送られてきました。
来月あたりに限定?で販売されるハイパワー・フローティングパルス充電器の
プロト品。
販売品とは意匠、調整範囲が異なるらしいですが
相変わらず詳しいことは教えてくれません。

オープン電圧計測も、所有するデジタルテスター3台では、数値がバラバラ?
Y教授 曰く「アナログかオシロ」で、と

29Vを指すテスターも有りました、、、
F320/Vの一チャンネル分だと思っていましたが

パルスは数倍、、、って F-05Fの10倍以上??
(パルス周波数は15KHZです)

リード線は80センチ位なので
最近は座ることもないPCラックを定位置に。

下調べはジャンクのUPSバッテリ接続

一発目は 開放型55D23でインプレを始めましょう。



[170] RE:次世代電池、指向のPRC-F23Vプロトタイプ Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/07/29(土) 18:19
下調べに用いたのは原付バイクバッテリー程度の容量5Ah。

容量が半分以下に落ちてからF320/Vで、なだめながらLEDで使っていますが13.0V 70CCAです。

可変レベルMAXで13.8V→15.1Vに入りました。
無駄な発熱も無し、見かけ上のCCA値増加も無し

では55D23で試してみましょう。
一般的な市販充電器で充電後10日のバッテリー
   12.66V 265CCA 11.15mΩ

可変レベルはMIN(デジメーターで14.3V)
充電初期値・・・・・12.7V!!
これってプログラムも変更されているのでしょうか?

Y教授に、少しだけ聞いてみましょうね  (^^)



[171] RE:次世代電池、指向のPRC-F23Vプロトタイプ Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/07/30(日) 09:41
可変レベルはMIN(デジメーターで14.3V)で充電後20時間

13.7Vです。
13.5V〜13.6Vを超えるのに約12時間
これで一安心!状態を診ました。

295CCA 13.48V 10.04mΩ

再び充電再開
F05/F16での完了値13.8V〜14.0Vを目指します、が
今回は+16時間程度で打ち切り可変レベルMAXテストを
急ぎます。

次のターゲットは名人からサポート頂いた
S34B20R 2個 


さて

限定?販売品の正式名称詳細が判明

最新、次世代の充電制御、アイドリングストップ
また、リチウム電池のネガティブな分野を切り崩す
次世代バッテリーに対応!

最大充電電流は2.2A(電源部内蔵)
∞のメガネコードです。



[172] RE:次世代電池、指向のPRC-F23Vプロトタイプ Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/03(木) 09:34
13.7Vから16時間たちましたが変化無し
 F23VのMINかバッテリー劣化なのか?
 F320/Vで確認しました・・・・13.6V⇔13.7V
   これは限界です。

最近、名人が「かかってこい!」とコマーシャルしていますので、これを押し付けましょう(^^)

さてMin⇔MAXの可変は、と
恒例のオプティマ、オディセイ、+比較用の開放型で
テスト

オディセイ    (定格95%)は15.1V
開放型      (定格100%)は 14.3V
イエロートップ  (定格100%)は
何故かMIN,MAXともに13.3Vでピクリともしません?

ここはY教授に聞くしか、ない。
出来るだけF23Vの状態を調べて電話しました。

即答「あ、それプロトだからトラが違う」

なに 【虎】が違う?

それならと里帰りさせ限定?モデルと同じ【虎】を
檻に入れて頂きました。

帰ってきたF23VプロトタイプはF320/V以上に過激ですね。


[173] 次世代へPRC-F23VプロトとS34B20R Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/03(木) 13:03
F23V 可変仕様
最大電流2.2A
充電電圧レベル14.2V〜15.3V
(可変範囲15.3V〜16.3V)
14.2VはPRC-F16と
同じレベル(フローティング充電モード)です。

F320/Vとあまり違わない仕様ですね。

(と思っていましたが別物でした。インプレ追記、訂正あり)

ではMINでオプティマレッドでテスト
ガツン作戦、再生職人チックで酷使させているので
850CCA定格で720CCA 容量は80%位のバッテリーです。
13.7Vですね・・・・・13.8Vは無理(この0.1Vが境目)

MAXまで可変させながら充電電流値を少し診ました。
かなり高い電圧まで電流値を上げたプログラムです。

これは再生スピードが凄そうです。

インプレ〜〜〜〜

名人から頂いたGS/ユアサ S36B20R 2個
(制御弁電池、シール電池、AGM,VRLA と呼び名が)

軽く仕上げて待機させていました。
09年製 325CCA 12.61V 8.37mΩ
11年製 355CCA 12.69V 7.77mΩ
どちらも放電容量の復活前

2個並列 で MIN (14.3V)
12.8Vからスタート
充電電流は白バッテリーは0.4A 黒は0.6A

2時間後 13.7V
17時間後 13.9V
20時間後 14.0V ➡ 短時間 14.1V
その後は14.0Vで安定
数か所で電流値計測 10mA〜100mA
維持充電状態です。

さてリクエストも来ないので

1個は通常の放電
1個は常時稼働タイプPLC-012Plus を
接続してのパルス放電
11V近くまで落ちましたら 再度 F23V で

色々やってみましょう 


次のターゲットは産業用小型制御弁電池 PWL



[174] 次世代へPRC-F23VプロトとS34B20R Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/05(土) 06:24
  予定を変更します。
14.0V突入後+12時間維持充電
その後24時間での数値計測および25A放電テスト

2個並列のMAX手前(デジメーター15.3V)で
やります。

定格272CCA 35Ah/20HR

09年製 340CCA 12.81V 8.04mΩ  RC44

11年製 355CCA 12.81V 7.73mΩ   RC56

25A放電テストの表示をRC並みとして今後は記述

09年製は流石に8年使用して容量は80%
11年製は2010で仕上がっていたのか95%
2個とも電圧は目標値です。

並列接続して12.1Vでスタート
2時間後 12.2V
充電電流は約2.0A・・・・・ここがF20Vの持ち味か。



[176] PRC-F23VプロトとS34B20R:CPとonly one Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/07(月) 12:43
 その後の経過

24時間で12.4V
48時間で12.6V、、、です。

F320/V+オプティマ4.2(25A放電)で70時間以上
100時間は我慢しましょう (^^)

さて

PRH-ULTRA-Pro only one

1K+050+αの12V系再生放充電器のフラッグシップ!幻のプロトタイプ。

これはバッテリー再生研究所?仕様です。

ハイパー2モード
波動幅は充電設定電流値からマイナス〜プラス可変
ストップウォッチ接続化可
ケーブルはOFCにonly one専用モレックスコネクター

インプレに大容量バッテリー探しています(笑



[177] PRC-F23VプロトとS34B20R:CPとF320/V Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/09(水) 07:34
我慢、我慢の、おしん作戦(古っ、、続行中

 72時間で 12.8V

   96時間で 13.0Vに達しましたので状態計測

 09年製 330CCA 12.93V 8.30mΩ

 11年製 350CCA 12.84V 7.83mΩ

 かなり良い感じですから、完了に向かって
 スピードが上がる (^^)

 再生職人のクライアントさん向けに販売したF320/Vの
 販売数は分かりませんが

 名人の手元にあるのが最強らしい?
 F320/Vは開発時間短縮でノーマルF320を電圧のみ可変
 特殊電池の電圧値確保と再生度合判定を主に
 これ以上のカスタムは費用が嵩む、、、と。

 F23Vは別物
 フローティング充電+普通充電性能
 電圧値に加えて電流値も可変しています。

 再生充電での雰囲気環境はあまり影響は無いでしょうが
 温度環境に対しての充電電圧値は重要ですからね。

 通常はMINだと思いますが、MAXを使う機会がキット有るでしょう。
それでも完了後の維持充電はMINで十分です。



[178] 次世代へPRC-F23VプロトとS34B20R Rp:03 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/10(木) 06:51
25Aで放電させて96時間で13.0V
 その後12時間で13.2V!

これに気を許して監視忘れ
 深夜に覗いたら14.5Vを超えていました。

 約120時間で14.7V

13.5V付近の時間経過を知りたかったのに、、、ガクっ

 今回は+12〜16時間での状態を診て終了です。


[179] 次世代へPRC-F23VプロトとS34B20R Rp:04 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/11(金) 10:00
14.7Vに達してから16時間ですが変化無し。

 それではとMAX(推奨外の15.6V)に上げました、15.0V
  完了しています。

 充電終了直後の数値

09年製 320CCA 13.31V 8.57mΩ

11年製 335CCA 13.07V 8.22mΩ

 
   10分後のミドトロでのCCA値計測
09年製  335CCA 11年製 365CCA です。

  24時間後の数値が楽しみです。



[181] 次世代へPRC-F23VプロトとS34B20R final Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/12(土) 10:59
MAX(15.6V設定)で15Vから放置後24時間

09年製 335CCA 12.90V 8.15mΩ

11年製 350CCA 12.87V 7.80mΩ

これは良い感じで2個とも整いました。
流石にカラ状態から35Ah×2個なので時間は掛かりましたが、
状態が酷くないバッテリーでしたら一晩か丸一日で十分だと思います。

名人並みに大量のバッテリーを扱うPUMA再生職人のクライアント様には
再生スピードに不満が、、あるかも。

バッテリーは色々ですメーカー、バッテリーで
推奨、最大充電値も色々です。

F23Vプロトの開発コンセプトの一つ
シール電池、ドライバッテリー、VRLA系ディープサイクルバッテリーの再生度合アップ
普通充電性能は、、、、
Y教授に、座布団2枚(^^)

さて、次は名人が開放型は、どうなの、と、おっしゃてますから。
近々に南の達人からサポート頂いた。
ロングライフでインプレ予定〜〜〜です。



[182] 次世代へPRC-F23VプロトとQ85-90D23 LONG LIFE Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/19(土) 20:17
今回は達人からISS車用の14年製Q85です。
数日前に届いていたのですが、【ワンダーS/R】の
インプレを兼ねての中距離ドライブに出掛けていましたので

放置していました、、、、ゴメンナサイ。

さて達人が手付づ入庫状態のデーターを添付してくれてます。

使用テスター DHC の DS6 です。

計測したバッテリーの定格データー入力済だと思います。
440CCA 12.34V 5.76mΩ
SOC 67% SOH 80%

ミドトロ テスターでの計測値は
510CCA 12.3V

インプレ用テスター(インプレ専用設定)

CCA値は目標値750CCA

480CCA 12.26V 5.73mΩ
SOC 43% SOH 40%

各テスターでの計測値をどう判断するかは、お任せです。

インプレでは放電容量とインターバルでの状態を診ます。



[183] 次世代へPRC-F23VプロトとQ85-90D23 LONG LIFE Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/19(土) 20:58
  開放型は名人が多くのデーター保有しているのですからインプレしてくれないかな〜〜〜と、思いつつ。

前回は達人からのQ85はキャップ緩み忘れで放電試験
Bモードからの設定切り替え忘れで液噴出とケース膨張
名人からのカオスは液量点検忘れ、、、とミス連発

それではと液量点検
マイナス側の1セルがローレベル
プラス側の2セルがローレベル

補充するのが良いのでしょうが専用の優秀な液ですから
弱りますね。
市販の強化液とか再生用?液とかは性能低下の恐れ大!
今回はスポイトを使って6セル液面を揃える作戦を。

準備が整ったのでキャップを締めてMINレンジで
再生充電スタート 12.4V〜〜〜〜


とインプレ書き込みを中座してピューマさんのHP覗いたら
F23V販売が始まっていました。

w〜〜ん では 限定?先行販売は終了しているのか?



[185] 次世代へPRC-F23VプロトとQ85-90D23 LONG LIFE Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/22(火) 13:22
12.4Vからスタートして

10時間後 13.3V
12時間後 13.5V
そこから13.7Vまで12時間(トータル24時間)
+12時間が経過しましたが変化無し
少しVRを触りました。
13.8Vに入ったオープン電圧値は14.7V⇔14.8V
負荷電圧値=14.4V位ですね。

ここで状態計測

575CCA 13.45V 4.77mΩ
(ミドトロ で 615CCA) 
RC 83

目標値のCCAは上げるだけ上げる作戦用です。

良い感じは

650CCA RC:100 (JIS性能=90.71)

F23Vで1回目の仕上がり具合は

JIS性能==80.67

Q-85の性能ランクが85でしたら
95%の性能ですね。

それでは放電後のロングライフを
(放電後の回復電圧値は12.0Vでした)

F23V(オープン電圧値 14.8V)で、やります。
今回は充電完了後24時間経過での数値計測



[187] 次世代へPRC-F23VプロトとQ85-90D23 LONG LIFE Rp:03 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/25(金) 09:13
放電後の空状態から3日目の朝、約72時間です。

デジメーターが14.0Vでの数値
570CCA 12.48V 4.81mΩ
整っては来ていますがまだまだです。
内部抵抗値が若干高い。

では1日だけ続行 14.2V〜14.4Vに上がれ〜〜〜

※13.5Vまで我慢し超えれば一安心のようです。



[188] PRC-F23VプロトとQ85(新神戸製)の準備 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/25(金) 17:29
友人の店に顔を出したら、丁度メンテナンスで
交換した新神戸製のQ-85が転がっていたのでゲット!
交換条件は再生した40B19でOK〜〜〜(^^)

定格は
62Ah/5時間率?
600A(CCA)
アイドリングストップ専用
新神戸(日本製)
製造は12年ですから日立化成製では無い!

性能ランクは計算式では98 100D23?でしょうか

ミドトロのテスターでは
390CCA 12.23V

インプレ用テスター(CCA設定)
405CCA 12.23V 7.33mΩ

F23Vにはロングライフが頑張っていますので
下調べ兼ねては
MINレンジに近いF620に接続、12.7Vからスタート
(ここがF23Vと異なります)

明日にはF23Vで挑戦です。



[189] 次世代へPRC-F23VプロトとQ85-90D23 LONG LIFE final Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/26(土) 15:12
14.2V〜14.4Vに上がれ〜〜〜と

24時間だけジッ〜〜と待ちましたが変化は出ません。
この熱い時期に電圧値をこれ以上に上げてるのも
逆効果なので終了です。

完了後24時間での計測予定でしたが18時間に変更

インプレ用テスター(専用設定)

595CCA 12.87V 4.60mΩ

インプレ用テスター(CCA設定)

645CCA

ミドトロにクスのテスターでは

  635CCA

でしたので、ほぼ90D23性能だと思います。


 上げるだけ上げる作戦は

幻のプロトタイプ PRH-ULTRA-Pro only oneで、、(^^)



[190] PRC-F23VプロトとQ-85(新神戸製) Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/27(日) 14:34
F620に接続して10時間で13.3Vに入りました。

F23Vプロトからロングライフも離脱

オープン電圧値14.8Vで、始まり、始まり〜〜
F620と合わせて24時間で13.9V
新神戸製バッテリーの特性でしょうか
スンナリと電圧は上がりました。
その後トータル36時間で14.0V!

ここでミドトロのテスターで診ました。
470CCA

520CCAを超えてきたら、まだ活躍しそうですが
どうなんでしょか?

プラス2日ほどF23Vプロトに頑張ってもらいましょう!



[191] PRC-F23VプロトとQ-85(新神戸製) Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/29(火) 08:46
オープン電圧14.8Vで14.0Vに入ったQ-85(新神戸製)!

その後MINでフローティング充電の2日間は
13.9Vで安定

F23Vから離脱直後の数値

インプレ用テスター(CCA設定)
515CCA 13.42V 5.79mΩ

ミドトロのテスターでは
495CCA でした。

ラストは放置後の計測と
オマケで2010での変化を診てみましょう。



[192] PRC-F23VプロトとQ-85(新神戸製) リタイヤ! Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/29(火) 15:07
  放置後2時間で診ました。

インプレ用テスター(CCA設定)
535CCA 12.66V 5.56mΩ

ミドトロのテスターでは
510CCA 電圧値はイエロー点灯

駄目そうですが25A放電を
RC=29 、、、、使えません。

2010で5A充電、、、、、2時間ほどで終了?
ヤハリ駄目か
485CCA RC=28
放電後
12.3V 340CCA

ストップ&スタートをOffにして
日中だけ毎日は走行だったら気が付かないかも
知れません。

放電後の特性は悩みの種かと。

2010で充電して名人に送りましょう (−−)



[193] 次世代へPRC-F23Vプロトのハイパー領域/GSユアサのM-42 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/31(木) 23:48
夏休みも終わりを告げてF23Vプロトも
PUMA家へ里帰りです。


プロトタイプではラストインプレ!

無茶な事を試しているので
Y教授はハラハラしています(^^)
MAXは逆効果なのか、と???

量産品が発売されましたから
取説をPDFで頂きました。

そこに〜〜〜〜〜

3:ハイパー再生充電
こんな方にお奨めです。
*充電完了【満充電】したバッテリーの
劣化状態や比重値を更に改善したい。


ツマミ位置を最大(右に回し切り)の位置に設定
充電時間は 2〜5 時間程度を推奨いたします。
充電時間を長くする事で高い効果が期待できますが、
過充電によりバッテリーを痛める(破損する)
可能性もありますので、
状況に応じた対応が必要です。
(発熱等の監視により判断する事が必要です)


ハイパー?

MAX付近の設定、使い方は F320/Vと
これも別扱い!

長時間かけすぎては駄目ですかね。

そこでワンダーs/Rで長期インプレ検討中40B19の交換用に購入した
GS/ユアサのM-42(新品)メーカー指定の電装やさんで0.3Cで初期充電品

ワンダーs/Rを取り付けたので充電後の放置期間は約一か月
460CCA 12.66V です。

F620で補充電====14.0Vで安定させてから

F23Vでの状態 画像上段から@〜B

@オープン電圧値 14.8V
12.9Vスタート  14.3V
Aオープン電圧値 15.3V
14.6Vスタート  14.8V
Bオープン電圧値 MAX(15.5V)==ハイパーですね。
15.0V

Minでフローティング充電

なるほどMAX➡Minで14.2Vで安定

※4日後の数値は 460CCA 12.78V でした。

深入りしそうで危険ですが、
お小遣いを貯めて購入したら、
インプレ再開しましょうか(^^)



[194] 次世代へPRC-F23V?とPWL12V24 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/10(日) 12:32
F23Vプロトが居候している間に
PUMAヘビーユーザー様向けの内覧会は終了!
破格値でしたね。

悩みましたが
検証したいことも残っていますので購入しました、ヨ。

Y教授の元へBBS投稿者はPUMA社員か?と
問い合わせが増えているそうですが
いえ!いえ!
只の夜な夜な頑張る再生職人Fan Clubの一人です。(未公認)


それでも名人が喜びそうなカスタム仕様で
打診
D室長が、やるか〜〜〜と、で
保証なし仕様(^^)

勝手にF23V/Nurモデルと名付けた(^^)


今回はF620と一部クライアント様所有のF320/Vとの
使い勝っても検証します。

※産業用、電動カー系の制御弁電池

F320/Vが届いたころには定期充電した。

GS/ユアサのPWL12V24でメンテナンス兼ねて検証
期待寿命は13年と長寿命な電池
PXLシリーズほどCCA値は高くないです。

4個の状態は240CCA〜260CCA 12.4V少し
数値の低い1個からインプレ開始


テスター数値(インプレ用設定)
230CCA 12.46V 11.96mΩ

始めはMin(14.4V)で やりましょうか



[196] 次世代へPRC-F23V?とPWL12V24 Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/13(水) 00:48
今はF23V/Nurのパワー開放しませんから
量産品のMAXまででやりました。

オープン設定値 と ほぼ完了値

14.4V         14.1V

15.3V          14.9V

15.5V          15.1V

でしたが MAX前からの充電時間がおおかったのでしょうか

計測数値は

250CCA 12.69V 10.88mΩ
電圧が低すぎます、、、そうだ、15.3Vの時に
ガス排出音がピュ〜〜と一回

やり過ぎた?

では上品にF620で診ましょう。



[197] 次世代へPRC-F23V?とPWL12V24 Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/13(水) 01:00
 F23Vで充電した1個+3個をF620に接続

4CH(14.2V表示)

1CH〜3CHは定期充電前の3個

約6時間で14.0Vには達しましたので
4個の電圧値が揃った時点で数値計測を。



[198] 次世代へPRC-F23V?とPWL12V24 Rp:03 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/14(木) 10:04
F620に接続して4個が14.2Vで揃いました。
画像A

1CH.2CH
3CH.4CH

1CH 260CCA 12.69V 10.57mΩ
2CH 260CCA 12.66V 10.57mΩ

3CH 255CCA 12.64V 10.75mΩ
4CH 255CCA 12.72V 10.75mΩ

ほぼ揃っています
F23VからF620へと続行した4CHのPWLだけ電圧が
僅かに高いですが、??

それでは、F23V  (設定値15.5V)
        F320/V (最大設定値15.5V)

F23V======1CHのPWL

F320/V====2CH.3CH.4CH(2回目)のPWL

の組み合わせで
ハイパー推奨時間の中間 3時間を検証


次の予定はY教授が気にかけています。
F23V/Nurモデルのパワー開放でのインプレ

流石にPWLで行う度胸は無いので
HV車補器用バッテリー2種+α、、、、、、



[199] 次世代へPRC-F23V?とPWL12V24 final Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/16(土) 07:12
F620からF23Vでハイパー充電3時間。

画像は

1CH.2CH
3CH.4CH

4CHで充電後25A放電結果


1CH F620➡F23V
250CCA 12.66V 10.88mΩ

2CH F620➡F320/V
255CCA 12.64V 10.75mΩ

3CH F620➡F320/V
250CCA 12.61V 10.95mΩ

4CH F23V➡F620➡F320/V
250CCA 12.69V 10.95mΩ

特に劣化したバッテリーでなく定期的な維持充電品を
無理やりテストしたのですが壊れなくて良かった(^^)

インプレ専用テスターの計測数値から
負担が大きかった順位

4CH----1CH----2.3CH

1CHは3時間を少しオーバーした時点でガス排出音
PWLには多すぎたようです。
やはり4CHバッテリーF23V一回目は、やり過ぎでした。

では負担を掛けた4CHバッテリーで放電能力計測

今回はPRH-ULTRA-Pro only oneで計測
(幻のプロトタイプ?バッテリー再生研究所?仕様)
里帰りさせてストップウォッチ接続化と最大電圧値を0.3V下げる変更。

25A放電時間は30m50s メーカー資料から定格はクリアーしています。
(自動車用20時間率バッテリーとは性格上違うのですね)

PXLシリーズは保持電圧は13.0V以上ですがPWLシリーズはそれほど高くないので
劣化回復、維持用充電にはF23VではMIN(14.4V)完了後
ハイパー充電(15.5V)一時間くらいが良いかと思う結果でした。


次の予定は前回MF系インプレ用に待機させてた液式HV車補機用バッテリー
こちらはF23V/Nurモデルのパワー開放でのインプレ
フルパワー(1xV)電圧値は非公開



[200] 次世代へPRC-F23V?とPWL12V24 final 画像追加 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/16(土) 08:42
 終了時の画像を添付していませんでした。

 3時間後の電圧値です。



[201] PRC-F23V オーバーレブで  Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/17(日) 22:42
ノーマルF23VのMAXレベル15.5Vのリミットを外しての
インプレですから参考には、なりません。

HV補機用バッテリー(パナソニック製/液式)
VRLAタイプでもなくMF系ですからEFBなのでしょうか?

車載診断システムで12V以下での交換品

テスター数値はCCA設定 JIS近似

250CCA 12.00V 10.88mΩ

一発目はMin(14.4V)で大人しく充電

完了電圧値 14.2V

365CCA 12.96V 7.54mΩ

RC 60

CCAは定格値(シール記載)より上ですが
放電容量は70%以下です。

では、ハイパーとオーバーレブ超ハイパーを



[202] PRC-F23V オーバーレブで Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/17(日) 23:13
 それでは放電させたバッテリーを

F23V MAX(オープン電圧 15.0V/15.5V)とオーバーレブで
やりました。

ここからの計測数値は インプレ用設定です。

15.0V設定  完了値 14.7V

340CCA 12.99V 8.08mΩ

そのままで電圧を上げます↓

15.5V設定  完了値 15.3V

330CCA 13.39V 8.39mΩ
数値はバラバラですが良い感じです?

ではオーバーレブさせた超ハイパーで〜〜〜〜〜



[204] PRC-F23V オーバーレブで Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/19(火) 19:42
Y教授が一般販売は出来ない仕様と、念を押す

F23V オーバーレブ での 結果

数値はインプレ用設定です。

充電 数時間後

355CCA 12.90V 7.67mΩ

その後、数日後

380CCA 12.87V 7.21mΩ

CCA設定 JIS近似 数値 415CCA

ミドトロのテスターでも400CCAオーバー

RC 91 でした。

オープン電圧15.5Vでは確認出来なかった
イコライザー状態!じゅあじゅあ、と
2時間ほど継続しましたが発熱は問題ないレベル

F23Vプロトモデルでは気にしてなかったハイパー

Minで14.0V前後に突入後に計測して改善出来そうでしたら
MAXで1時間ハイパー、、数時間放置しては1時間ハイパーを数回するのが良い方法かも。

電圧を監視してピークから0.2Vも下がり、まだ降下するようでしたらバッテリーに
問題ありですね。

バッテリーの素質で限界の電圧値が低いと壊れます!

注:オーバーレブ仕様は、保証、保障なしですが
  コアな方はY教授まで (^^)



[16] 悩んで寝過ぎ その一 Name:Nur-Gの用務員 Date:2016/07/10(日) 02:30 [ 返信 ]
バッテリー再生の成功、失敗に一喜一憂し耐久レースのように
夜な夜な頑張る再生職人Fan Clubの一人です。(未公認)

バッテリーの寿命

中古のバッテリー

再生バッテリーの合格基準

液式 開放&密閉式の放充電環境

パルス充電器

パルサー

う〜〜〜ん  眠れません


[80] 悩んで寝過ぎ パルサー Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/01/05(木) 23:47
 鉛電池の再生、回復、復活に、あるレベルのパルスを吸収させるのが有効で有ることを現認した方は少なくないと思います。

ネットで、結構 パルサーとか デサルフェーター !
バッテリー延命、再生用パルス装置、、とか、で
売られています。

個人なのか企業なのかも???保証なし

ある商品は
数十万Hzだとか、電圧14V以上は壊れる〜〜〜

暫くして閲覧しましたら電圧は1xVまでOK?

おい、おい、今まで公言は仮説か!

パルス印加周波数が、いくつが良いかは、置いといて

言えることは、売っている人間、会社が
実際に何千何万のバッテリーでの結果が有るかだと
私は思います。

これを見て、また、へこたれないでくださいね(^^)


[109] 悩んで寝過ぎ カーメンテナンスの本 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/02/26(日) 13:38
 昨日、仕事の移動中にブックオフでサボり

 覚えのある名前の雑誌が目に入ったので数冊購入

 バッテリーの再生とか再生装置の特集がありました。

なんか滅茶苦茶で、実験前後にCCAテスター等で計測しているのだが

良い数字が出ているのに誤差でしょう、、とか。

こちらの再生器で使用したバッテリーが酷かったので
参考には、なりません。、、、、とか

ふ〜〜ん。ヤッパリ 袖の下か

真面目なバッテリー再生記事に期待を(^^)


[166] 悩んで寝過ぎ SOH 健全性? Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/07/05(水) 16:16
 ここ暫く面白いバッテリーに出会いません。

そんな時にLINEがピ!ピ!と
食料品問屋の若旦那から
「SOHの改善って、どうすれば良いの?」
 なんだ?
 「だからイキナリ何なんだよ(怒)」

で、LINEは面倒なので電話すると

車検に出してバッテリー診断したらSOH値が低いので
交換を勧められた。
総交換費用が高いので、やめた。
(だったら、それで良いでしょう?)

SOHの改善方法をネットで検索したけど、これだ!と
書いてるのが無い。
 「だから、どうして欲しいの?」

直し方を教えてくれ!
  「嫌だ!バッテリー買いなさい」
で〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

結局、セルの周りが重く?なったら替える!、、だって

送られてきたデーターシートを見ると日立のテスター風

確かSOHは31%以上でOKの筈だと思いますが

「あんたはクレーマーだからね、でも担当のメカさんに
 よく数値を説明してもらいなさい」で強制終了。

 でも、これでインプレのネタが出来た(笑)



[167] 悩んで寝過ぎ 続 SOH 健全性?  Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/07/10(月) 20:22
インプレ用テスターのOEM品で計測した
データーを添付しました。

SOC = STATE OF CHARGE 充電状態 (充電量)

SOH = STATE OF HEALYH 健康状態 (健全性)

上記2項目を判定するテスターはCCAテスターではなく
何故かバッテリーチェッカーと呼ばれています。


SOC=残容量(Ah)/満充電容量(Ah)×100
SOH=劣化時の満充電容量(Ah)/初期の満充電容量(Ah)×100

※何れにしても充電後の放電計測が必要となるため※
 搭載状態では計測出来ない
 各社で内部抵抗値、電圧降下などからの解析で
 判定可能になるような研究は進んでいます。

インプレ用CCAテスターは安物なので精度は???
まあ再生状態の把握が目的ですし
数値もミドトロと1%も差がないので問題なし!

SOC・SOHの判定方法は各社独自です。

SOH=CCA定格値×69%がSOH/0%
    CCA定格値×80%がSOH/31% の換算でしょうか?

但しCCA計測値==容量とはなりません



[175] 悩んで寝過ぎ マトリックス Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/05(土) 09:13
 先日、生産ラインのメンテナンス担当が業務な若者と

「いまマトリックスで泣いている」と

マトリックス。。。1/4世紀くらいぶりに聞きました。

 「システムプログラム組んでるの?」

 「(笑)違いますよ技能評価とか教育ですよ」

 「?????????」

 本人の説明だと、難解!

 なんでも格子状の表から答えを導く、その過程なり
 質で、、、、??


 パズルを解析するシステムのように
 要求に対して効率的な答えを導く、とは手法が違うのでしょうか?

 まあ、バッテリー再生に完全な答えはありませんけど。

 「人生色々、バッテリーもいろいろ」

   同一条件での再現はむりですから


[184] 悩んで寝過ぎ キャパシタ Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/22(火) 10:55
交換時期を迎えた車のバッテリー
年末には丸6年、、、どうするか。
趣味が趣味なので、それはバッテリー上がりは零
と、言っても補充電も零回。

キャパシタ、コンデンサー、蓄電効果がWebに

PLC-012Plusの効果は実証済みですが
最近、Wonder-s/Rが妙に気になっていました。

仕事を兼ねて中距離ドライブの予定が入ってきたので
テストをすることに決定。

出発2日前に到着(Y教授に感謝!)間に合いました。
仮取り付けで記念写真を一枚

さてオイルだけは交換するかと、友人のショップへ

で、オイルやバッテリーの話題に
最近はアイドリングストップ、充電制御が増えたため
メーカー推奨交換時期が短くなってきていると?

エコカーの時代ですが
燃費(ガソリン代)と消耗パーツの出費は
どんな軽減、負担増なんでしょうか?

多くのカーユーザーが考える消耗パーツ
@タイヤ
Aオイル
Bバッテリー?
        でしょうか?

交換タイミングも財布次第な事も

サポート効果をWonder-s/Rで厳しく診て見ますか(^^)



[203] :悩んで寝過ぎ 充電方法、充電器選定で、ぼやき。 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/09/18(月) 12:11
 以前、登場したクレーマ若旦那とイタ車乗りは車仲間です。

先日のバッテリーSOHに根を持っていたのかイタ車乗りに
講義をしたらしい?

で「でもF16あるから気にしない」と、イタ車乗り

それでは収まらないのが若旦那、、、LINEです。

♬ベストな方法と機種を教えろ♬ と

そんなの分かる訳が無い!の話です。

だって

ピューマさんでも。

バッテリー再生職人お試しお申し込みフォーム



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

効果が心配?費用対効果は?等々、
バッテリー取扱量の多い以下のユーザー様のご要望にお答えする、
納得のバッテリー再生職人体験の新システム!



お試し機種の選択は、各機種で効果等が異なりますので
実際に導入をお考えの製品・効果を確認したい製品をお選び下さい。
例:PRH-3030-Proの効果を確認したいが
とりあえずPRH-2010-Proで試して見る等は、お試しいただく意味がありません。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

と アピールしていますから。


では、若旦那に聞いてみますか、
でもクレーマなので気が進みませんけど(^^)


[149] イタ車のバッテリーって、どんなものでしょうか Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/05(月) 09:30 [ 返信 ]
 イタ車=イタリアの車、痛いクルマでは無い(^^)

出来ればジュリエッタ用なんかが嬉しいのですが

名人みたいに、お仕事で多種多様なバッテリーを目にする機会が少ないので

正直な話は手探りです。

今回は【記事No146】  友人のモルです

Webで再生バッテリーを調べると有りますね。

 欧州車用バッテリー MOLL EFB 6RO 915 105 B

バッテリーケーブル延長してトランク配置
友人曰く、、普段はメインで時にはウェイト?よく分かりません!

◎725CCA 12.67V 3.80mΩ で 到着

 F620で14.1Vから放置3日で
  725CCA 12.99V 3.79mΩ、、、あれ?

 25A放電時間は2時間05分 終止後電圧 11.5V
 定格は69Ah/20HRでしょうから100点満点かと

良すぎるので友人に電話を

返ってきた言葉は「F16買ったので補充電したけどCCAテスターで数値が良くなかった」からと?

どうやら、、、、、
 オプティマのオプション?アナライザーらしい・・・測定モードの設定違い、ですね(喝

F16が駄目なんて言うとY教授が心配する(^^)

だってプライベーター御用達の最強モデルですからね。。

良い機会なので仕上げは2010で、やってみましょう!


  



[153] イタ車のバッテリーって、どんなものでしょうか moll EFB Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/07(水) 18:14
MOLL EFB 6RO 915 105 B も、お帰りです。

 ラストは2010 1/20 +ハイパー1/40

    735CCA 13.11V 3.73mΩ

  これで、友人がF16に惚れたら暫くはインプレ出番なしと(^^)



[156] イタ車のバッテリーって、どんなものでしょうか 番外編 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/13(火) 12:36
  本日到着!PRH-3030-PRO ?型

お披露目と意地悪なテストは後ほどで

同時に届いたVARTAバッテリーAGMタイプをインプレ

販売店で強く交換を推されたようです。
車載診断CPUかCCAテスターどちらでしょうか?
診断結果=能力が7割以下

では調べましょう。

575CCA 12.63V 4.78mΩ(取り外し後5日)数値は良くはない
イキナリの 050でのテストは無しで

日常使用に近そうな放充電から

15A充電(10分)10A放電(10分)を3回インターバル
ラストは2A充電(20分)
計 1時間20分

その後050で25A放電時間を計る、、、そんなプラン(^^



[157] イタ車のバッテリーって、どんなものでしょうか 番外編 Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/13(火) 21:53
  1時間20分のインターバル後の数値は

  570CCA 13.02V 4.83mΩ
  放電と充電状態は良かったようです。

050で25A放電時間は1時間52分 終止後電圧 11.5V

定格が120RCですから93点です (^^)




では2010で1/20充電を試みた数値

  640CCA 13.06V 4.28mΩ 85点


CCA値の向上を目指して次の作戦

ガツン作戦でもOK?丈夫そうなケースらしいですが

ここは(B)モード 充電1/10 放電1/40 で行ってみます。



[158] イタ車のバッテリーって、どんなものでしょうか 番外編 Rp:03 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/14(水) 21:53
(B)モードでも630CCA
計るタイミングに差はないので
   少しガッカリ!

電圧も13V少し、充電直後ならモット上げたいですね。
何故かこのタイプはフローティング充電電圧が上がりません。

ここはF320/Vの出番です。

結果=680CCA 13.61V 4.04mΩ

pcが再起動を要求していますので後ほど補正



[180] 番外編 ポルシェバッテリー リコンディション Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/08/11(金) 13:06
今回は、こんなジャンクなMOLLです。

シーテックCTEK バッテリーチャージャーの
リコンディションモードで回復できなかった。

ミドトロテスターで 55CCA 9.81V

インプレ用テスターで
45CCA 9.96V 58.65mΩ

御機嫌伺をF620 で 12.8Vのままで約2日
多少、数値は上がりました。

次にF320/V で 変わらず 12.8V
数値計測するかとミドトロで、、、バッテリー不良?表示

F23Vで開放型の効果を診たかったんですが、これは無理

それではと
幻のバッテリー再生研究所仕様
PRH-ULTRA-Pro only one プロトタイプ 出動

ガツン作戦からBモードを
充電直後すぐにガス臭発生
流石に2時間ほどで熱くなりましたのでBモードへ
完了できるとは期待していませんから数値計測
500CCAを超えちゃいました(見かけ、です)

そこでクールダウンを兼ねて2010にバトンタッチ
これも完了できないと思いますので数値計測

350CCA 内部抵抗値も小さくなっています。

ケース温度が落ち着きましたら
F620かF320/Vかスケジュールが合えばF23Vに
頑張ってもらいましょう。

とセルは破壊してませんがメンテナンスをサボって
寿命を縮めさせた!後の祭りです (^^)



[1] ご挨拶 Name:ゴン MAIL HOME Date:2016/04/14(木) 11:28 [ 返信 ]
本掲示板管理人のニックネーム(ゴン)です。
宜しくお願いいたします。

バッテリー再生に携わる企業様・個人様に長く支持される、有意義な掲示板になる事を願っております。
参加いただける皆様の投稿をお待ちしております。


[168] 暑中見舞い! Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/07/15(土) 18:26
♬ 夏が来る〜〜夏が来た!♬

管理人のゴンさん、Y教授、D室長 へ

いつもご迷惑おかけしています。ので

🎶 暑中〜〜お見舞い申し上げます〜〜(^^♪


[77] PRC-F320-PRO/V テイクオフ Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2016/12/25(日) 19:53 [ 返信 ]
   届きましたね。
Y教授の知恵とご尽力の賜物!


今は世界に一台のカスタムモデル!


    仕様は暫く秘密(^^)

  インプレは追々として今夜は

   お披露目だけです。



[81] PRC-F320-PRO/V そろそろインプレを Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/01/06(金) 00:09
PRO/VのVとは Vspecなのでしょうか?
では次機はNspec
それならR380も出るか、、、無いですね(^^)

さてUPS用制御弁電池でのテストも終わりましたので

また役には立ちそうもないインプレを!

酷い状態のオプティマ4個
一個は引き続きYT3.7と
YT4.2 BT5.5 RT-U4.2 で テスト

設定値は、ドライバッテリーに合わせます。

完了時間は再生可能なバッテリ+F620の3倍を予定。



[82] PRC-F320-PRO/V 悩ましいことが Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/01/07(土) 11:21
   PRC-F320-PRO/V は バリアブル

   3CHは同一設定値

  次のステップへの足踏み状態が!!


 そこで一個を42Ah(UPS用電池)に変更

 ついでに設定値も14.2Vび変更

  これはパラメーターが、胆かも?


[87] PRC-F320-PRO/V CP Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/01/27(金) 18:22
色々やって一か月経ちました。

これは危険な再生機かも知れません・・・面白すぎます!

Y教授 D室長の御言葉通りで再生スピードより、手軽な再生方法を探している迷い人にピッタリかも。

上位機種、、PRHシリーズみたいに大幅な性能UPは辛いですが、ここでテストしている再生NG候補のバッテリーでも
毎日、走れば十分に使える蓄電池には戻ります。

床が抜けるほどのバッテリーは保有していませんし
同銘柄も揃っていませんので、プロ向きのテストデーターは御座いません。

それでは

25A放電後のRT4.2 充電完了60時間  14.8V

F620(14.0V)から25%増しの時間で、設定電圧に

換気が悪いので一個だけ液式(開放型)をテスト
日本製新品
放電後 F320で充電  設定値突入(当然ですね^^)

銘柄バラバラで10個?同時充電・・・・我慢次第でOK?

再生後には一般的な充電器でも、再び性能を確保出来る仕上がり
これってYTでは良いですね。

再生度合の判定精度がぐ〜〜んと上がりました

時間がかかるので名人は、好みじゃあ、ない、、かも。


[90] :PRC-F320-PRO/V で オプティマ3種 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/01/31(火) 10:31
前回のオプティマがテスト途中で巣立ったので
改めて挑戦!

今回は南の達人より届いた4個から3個を選択

RT 575CCA 12.4V 4.77mΩ

RT/U 650CCA 12.31V 4.22mΩ

YT 520CCA 12.5V 5.27mΩ

各数値がバラバラです・・・・どれが良いのか?

◎ PRC-F320-PRO/Vと:PRC-F320-PROの違い
  出力電流は変わらず
  出力電圧が開放電圧で14.4V→14.4V〜15.5V可変

  電池電圧が0.3Vほど高いドライバッテリーでの
  保持電圧UP、再生判定向上を
  充電電圧はオプティマの指定?最大電圧15Vに抑えています(+の余裕あり)

  基本、PRC-F320/620は優しく放置しての再生器
  フローティング充電なので18Vくらい上げてもOK?
  でもバッテリーは色々、使い方次第では危険ですね。


 さて達人がAD-0007で充電してます。
1CH=RT 2CH=RT/U 3CH=YT (左から1CH→3CH)

電池電圧は 12.3V 12.4V 12.5V 揃っていますが偶然です(^^)
スタート着後 12.8V 12.6V 12.8V に

約14時間 
1CHはスムーズに上昇
2CHは14.0V付近に上昇後下がってます
3CHは13.5Vに降下してから13.8V付近で🔁

20時間後
1CHは14.0V
2CHは13.8V
3CHは14.5V

14.8V〜15.0Vに達したバッテリーから検証しましょう。
(あと1日は放置)
  



[91] PRC-F320-PRO/V で オプティマ3種 Rp:02 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/02/02(木) 00:52
1日経ちました、、、約50時間

1CH=14.5V
2CH=13.9V
3CH=14.8V

3CHのイエロートップが14.8Vに到達
1CHのレッドは、もう少しでしょうか
2CHのレッドは足踏み状態?テスト前の数値は一番良かったのに??


イエローの数値

710CCA 13.3V 3.88mΩ
これは期待できそうです。

では25A放電試験を〜〜〜〜〜
結果・・・・・・・・・・・95分

十分かと

それでは、ラストもF320Vに任せましょう(^^)



[93] PRC-F320-PRO/V で オプティマ3種 Rp:03 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/02/02(木) 23:27
F320Vに接続して約70時間

1CH=14.5V・・・・変化なし
2CH=13.9V・・・・変化なし
3CH=12.7V(放電後20時間)

このまま続けるのが良いのでしょうが
未到達の1CHのレッドだけを検証
2CHのレッドは2日ほど放置

RT 575CCA 12.4V 4.77mΩ
     ↓
  630CCA 13.31V 4.37mΩ

まだダメージから抜けきっていません
達人がAD-0007の強力モード?使ったのか?

放電後のF320Vに頑張ってもらいましょう。

25A放電時間は66分・・・どうでしょうか。

さて再びF320Vに接続!設定値に辿りつけるか?



[94] PRC-F320-PRO/V で オプティマ3種 Rp:04 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/02/03(金) 19:35
F320Vに接続して約90時間

1CH=12.7V(放電後20時間)
2CH=14.0V・・・・少しだけ上昇
3CH=13.1V(放電後40時間)

予定を1日はやめて2CHを調べることに
14.0VはF320/620の目標値です。

RT/U 650CCA 12.31V 4.22mΩ

     ↓
  690CCA 13.64V 3.98mΩ

やはりコリが取れていません


25A放電時間は74分・・・

では再びF320Vに

これで3個が放電後からのスターラインに
1CH,2CH が 700CCA 超えられるなら、(^^)(^^)です。



[95] PRC-F320-PRO/V CP Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/02/04(土) 14:19
追加のインプレです。

2CHが少し空いたのでF620で再生中のイエローを接続
F620接続前で 815CCA
今のデジメーター14.2V

F320V接続12時間で15.0Vに達しました。

1CH=13.2V(放電後32時間)
2CH=15.0V・F620/14.2Vから12時間
3CH=13.8V(放電後52時間)

855CCA 13.67V 3.21mΩ

♬ 放電試験終了後のレッドはF620で(違反行為ですね)
   その後F320Vに接続しました。♬

インプレ前に覗きましたら

1CH=13.3V(放電後39時間)
2CH=12.6V・F620含め10時間
3CH=14.7V(放電後59時間)



[96] PRC-F320-PRO/V で オプティマ3種 Rp:05 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/02/06(月) 08:01
F320Vでオプティマ3種の再生テスト開始から6日
  そろそろゴールへ

1CH=14.2V(放電後59時間)
2CH=13.2V・F620含め30時間
3CH=14.9V(放電後79時間)

 3CHのイエローが14.9V⇔15.1V
  取り外して計測

  715CCA 14.37V 3.84mΩ
これは限界か危険な状態か



それから18時間

1CH=14.4Vから14.3Vに降下
2CH=13.9V  と順調

1CHのレッドは取り外して計測

630CCA→610CCAへ 電圧は上がっています。

暫くしたら放電後3030で比較してみましょう。



[97] PRC-F320-PRO/V で オプティマ3種 Rp:06 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/02/07(火) 22:21
1CHのレッドを3030(B)モード

  680CCA 13.49V 4.05mΩ

    流石、3030ですね(^^)

2CHのレッドは前回同様14.0Vで足踏み状態
    これ以上は無理そうですから明日で終了!

   最終データーを取りまとめてゴールとしましょう。。



[98] PRC-F320-PRO/V で オプティマ3種 final Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/02/08(水) 20:53
足踏み状態だった2CHのレッドは

  14.0V⇔14.1V

650CCA 12.31V 4.22mΩ

      ↓   
  690CCA 13.64V 3.98mΩ

    25A放電
    ↓ ↓

  700CCA 13.52V 3.91mΩ(悪くは無いでしょうが?マーク)


定格(性能数値)を100点として
 目標値にオプティマ3種は未到達

 到達電圧値

 14.8V=====90点

 14.5V=====80点

 14.0V=====70点

 と、言う感じでしょうか。

🎶 維持充電は忘れずMINにset変更を (^^♪

 液式に付いては誰かに聞きましょう。



[164] :PRC-F320-PRO/V で OZYSSEY LB925 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/27(火) 12:10
【記事 No.163】からバチンタッチです。

F620で充電⇒3030 V型?で放電した引継ぎ
充電後電圧が少し低かった!の改善

F320/Vに接続して約15時間でデジメーターは13.5V
まだまだかと思いながら朝そ〜っと覗いたら14.8V
ここまで約24時間

さて15.0Vに突入して保持電圧が上がるでしょうか

PS 3030 3030 V型?で充電後に接続したRT925は
  まだ13.8V,,,,まだトンネルのなかです。ネ!



[165] PRC-F320-PRO/V で OZYSSEY LB925 final Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/28(水) 11:55
デジメーター 14.8Vから12時間で上昇無し
 15.0Vは無理そうなので取り外し放置

 放置後10時間での数値は

 515CCA 12.78V 5.31mΩ 、、、う〜〜ん、です。
 
 このまま数日は我慢できませんし

 充電電圧を上げて試したい処ですがF320/Vには
 テスト中が2個

 こんな時に個体用にF16/Vとか有れば、と。(−−)

 仕方ないので705にバトンを渡しましょう。



[9] レィKさんからの LB925 インプレ  Rp:01 Name:Nur-Gの用務員 Date:2016/04/26(火) 22:43 [ 返信 ]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
被災者の皆様への迅速な救援、復興を心よりお祈りし願って
今私たちが出来る事を行い考えていきましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バッテリー再生の成功、失敗に一喜一憂し耐久レースのように
夜な夜な頑張る再生職人Fan Clubの一人です。(未公認)

タイミングを図ったようにバッテリー再生名人から

「お世話になります。昨日オデッセイLB925が入荷しました。
 6V程度で手に負えません。
 ご興味あれば、この子の更生をお願いします。」?

体罰はいけませんのでコンコンと説教してみますか(--)



Panasonicカオスの箱で到着

CCAテスター無反応
開放電圧はマルチテスターで4.36V


F620 デジメーター 3.72V
F620 onで14V これは駄目だよ、、、と言っています。
24時間くらい充電させて10V近く出てきたら
705で御機嫌伺い



今回はPRH-2010-Proメインで短期補習チャキーン----------
       ↑は充電電流レンジが3ポジション(小、中、大)タイプ

一度はオデッセイバッテリー噂、、の、、、200A高電流充電してみたいですね


較正目標値  充電電圧/13.8V 300CCA 容量/5時間率の5倍、、25時間率?90%
  
        「名人!これで如何ですか」

↓↓↓↓

【レィKさんからのLB925 インプレ  Rp:02】

   に続く

テスト:➡[環境依存]化けるかな?



[10] 【レィKさんからのLB925 インプレ  Rp:02】 Name:Nur-Gの用務員 Date:2016/04/29(金) 12:40
バッテリー再生の成功、失敗に一喜一憂し耐久レースのように
夜な夜な頑張る再生職人Fan Club(未公認)の暇人です。

やってきました大型連休、、、、、あまり関係ありません、と、言うか
全然、関係なく、お仕事です(^^)

       F620に約一日ほど接続しましたが6.57V!

このままでは705は充電スタートしません

今回の補助要員は9Ah電池
=12V位しかない充電不可品

ジャンプさせてスタート→→20.5V、、、やっぱり駄目だと言ってます。
それでも続行して20時間後デジメーターは13.2Vで安定

       バッテリー電圧はデジメーターで8.2V

さて、PRH-2010-Proのパワーで蓄電池として目を覚ますか実験開始

電流ポジションは(小)

補助+でスタート
ジャンプコードを外して充電 電圧は11.2V〜〜 電流は2.0A⇔3.4V

2巡ほど周回させてデジメーターで16Vを指してくれた楽ですね。

      不調でしたら、今回は、そこでリタイヤです。



↓↓↓↓

【レィKさんからのLB925 インプレ  Rp:03】

   に続く



[11] 【レィKさんからのLB925 インプレ  Rp:03】 Name:Nur-Gの用務員 Date:2016/05/02(月) 15:15
今回は残念ですがリタイヤでした。

PRH-2010-Proで2周してみましたが充電電圧14Vを超えられない。

バッテリー電圧10Vがやっと

ヤッパリ8年も経過していると目は覚ましませんか(^^)

 次のLB925を待ちましょう

   それまでzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


[161] OZYSSEY LB925 インプレ  再戦 Name:Nur-Gの用務員 Date:2017/06/22(木) 22:37
  届きましたね、LB925

255CCA 11.81V 10.82mΩ です。

先ずはF620で御機嫌伺いを



[162] OZYSSEY LB925 インプレ  続再戦 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/25(日) 00:30
  F620に接続して丸2日 デジメーターで13.8Vです。

一旦、計測してみます。

510CCA 13.02V 5.39mΩ 良い感触です。

少し放置して再計測後に1時間率での放電を

定格では 1時間率/21.7Ah



[163] OZYSSEY LB925 インプレ  続再戦 final Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/25(日) 10:06
約12時間放置後の数値

510CCA 12.66V 5.41mΩ・・・・少し電圧が低いですね。

それでも3030 V?型で放電開始
容量に対して放電量が大きいのでデジメーター⤴ ⤵です。

結果 51分13秒 11.4V・・・・85%!!

さて次の計画もありますから F320/Vのコーナーへ



[159] PRH-3030-Pro ホワイトバージョン X型?参上 Name:Nur-Gの用務員 MAIL Date:2017/06/17(土) 15:51 [ 返信 ]
  やっと触る時間が出来ましたので御披露目です。

再生プログラムがパワーupしたのか、教えてくれません。

フロントフェースは黒染めからSASスキンパス?ヘアーラインでは無いです。

アッパーカバーの保護シートがブルーからホワイトに
シートを剥がさなければ、まんまホワイトモデル(^^)

フロントの温度センサー用接続コネクターは動作時間計測出来る
ストップウォッチ機能付きデジメーターが接続可能になっています。

Y教授もD室長も、予備知識を与えてくれないので

F620で足踏み状態のRT925で意地悪検証スタートです。



[160] RE:PRH-3030-Pro ホワイトバージョン X型?参上 Name:Nur-Gの用務員 Date:2017/06/22(木) 13:00
RT925での意地悪検証も無事完了

ストップウォッチ機能付きデジメーターの使い勝手は?

量産品は(放電・充電時間自動測定デジタルautoストップウォッチ ASW-01)の製品名

名人がプロトタイプ1号機なので、画像は2号機です。

3個のプッシュボタンSW
黄色=ホールド
赤色=キャンセル
青色=ストップ⇒スタート⇒ストップ

かなりコアな面構え(^^)

PRH-3030-Proとの相性は

放電電流値の設定は050ほどシビアでは無く楽ですから
インプレでの設定変更は時短。

まあ、大電流を一気に抜くには050です!!

最近主流の充電制御、ISS用バッテリーのインターバルテストでの性能評価には◎◎

届いたGSユアサのロングライフタイプで試そうかと思い

GSユアサさんのHP覗いたのですが何故かロングライフのサイトだけが総て消えてる、、、
どうしたのでしょうか?

このバッテリーもS46B24R同様に凄そうです。
丁重に初期充電したら新品時は900CCA近くまでかと
新規格と性能ランクからは650辺りで13V確保と放電容量確保が再生での胆と思います。

インプレでは3030/V型?で、やってみましょう。




[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]
1件〜10件(全27件)  13       <RSS>    【管理者へ連絡

現在のメンバー様は
***人

無料レンタル掲示板 1616BBS